TOEFL高得点獲得には洋書の読書がお勧めです

ここの所の日本ではTOEIC熱が過熱化傾向にあります。
企業の新卒学生の採用基準にこのテストのスコアが用いられるケースがある
と言った事情が影響を与えているのではないかと思います。

しかし、このTOEIC。
受験経験をお持ちの方でしたらお分かりかと思いますが、用いられている英語はとても簡単な物です。
従って、このテストで高得点を取った所で、英語で何か高度な概念を含むやり取りを行おうとすれば
たちまちお手上げになってしまうのではないでしょうか。

その点、TOEFLの場合、英語圏の高等教育機関が非英語圏の学生の英語力を測る為に用いるので
TOEFL高得点をとれると言う事は高度な概念をも英語で伝達する事が出来る力があると言う事の証明になります。

つまり、TOEFLとは英語を用いて高度な概念を伝える事が出来るか
あるいは英語で高度な概念の説明を受け、それを理解できるかと言う点を浮き彫りにするテストでもあるのです。

従って、TOEFLで高得点を獲得するには、普段から高度な概念を英語で理解するトレーニングを積むのが一番です。
具体的には、大学等で学んだ自身の専門分野における洋書の専門書の読書がお勧めの方法の一つです。

洋書を読む事により複雑な構造を持つ英文の理解力はもちろん
英文等を和訳してその内容を理解するのではなく、原文のまま理解する力が身につきました。

そしてこれらの力がTOEFL、特にリーディングセクションのスコアにダイレクトに影響を与えてきます。
皆様もご自身の専門分野の洋書の専門書で英語学習をされてみては如何でしょうか。