これはTOEFLに限った話ではありませんが、試験時間というのは決まっているものです。制限時間内に解くことを考えていると、残り時間が短くなってきたときに焦りが出てしまうのは仕方の無いことです。しかし、試験時間を有効活用することで余裕を持って最終問題に到達すれば、ケアレスミスは大幅に経ることになると思います。
 試験の序盤は得意な問題、時間のかからない設問を先に解いてしまいましょう。その後、時間のかかる問題や苦手な問題に取り組むのです。良いペースで試験を解き始めれば、普段悩むような所でもスムーズにひらめいたりするものです。また、長文読解問題は最初から文章をすべて読もうとせず、設問から取り掛かることをお勧めします。文章には起承転結がありますが、実際に試験問題に関わっている部分ばかりではありません。不要なところを読み解く時間を節約することができます。
 ただし、試験の時にいきなりこういった方法を採っても、逆に戸惑ってしまうかもしれません。普段の勉強の時から、目標は試験で得点を上げる事だと認識し、試験形式の勉強を取り入れるといいでしょう。時間という制限に惑わされること無く、実力を発揮できる準備をしておきましょう。