1.採点者はライティングの一貫性を判断します。メインアイデアとそれを支える理由づけは必須だ。
2.TASK1は150語以上、TASK2は250語以上書きましょう。それらより少ない語数は高得点に結びつきません。
3.必要であればセカンドシートをつかえる事を忘れずに。
4.イントロダクションには問題文のパラフレーズを。
5.時間には気を付けて。TASK1は20分、TASK2は40分
6.何度も繰り返し練習してIELTSライティングに慣れてから試験に挑もう。
7.インデントは忘れずに。
8.試験時間数分前にはライティングを終了し、グラマーやスペルの確認する余裕を持とう。
9.字は、はっきりと読みやすく書こう。採点者が読めなければ意味がない。
10.可能な限り自身の体験談等の詳細を交えてライティングを行おう。
11.一目みただけで語数がわかる様普段から訓練しておこう。一個一個数えるのは時間がもったいない。
12.サンプルエッセイを何度も読み込もう。そして表現を自分のものにしよう。
13.グラフにおける変化やトレンドを表現できる様、十分練習しよう。
14.文章のつなぎや対比、要約や条件等を表現できるよう練習しよう。
15.TASK1についてはライティングに記載する重要なポイントを見つける訓練をしよう。