パラフレーズをしない方が高スコア??

こんにちは。
本日は一部の方には非常に興味深いテーマについて
お話させていただければと思います。

「テンプレートを用いてパラフレーズをしない方が高スコアを獲得できる」

この様なお話を聞いた事がある方もいらっしゃると思います。
なお、弊社としてこの件について公式に回答するのであれば

「原則的にはパラフレーズをする方がbetter。しかし、様々な条件によってパラフレーズをしない方が高スコアを
獲得できるケースがある事も事実。」

この様に回答させていただく事が多いです。

まずパラフレーズについてですが
正しくパラフレーズできる能力があるのであれば
パラフレーズを用いた方がbetterなのは間違いないです。

しかし、正しくパラフレーズできるライティング能力が
まだきちんと備わっていない場合
パラフレーズを試みる事によってミスが目立ちスコアが低くなるケースもございます。

つまりパラフレーズを行わないライティング方法は
ライティング能力があまり高くない、日本人の為の高スコア獲得妥協案とも
とれるかと思います。
無理にパラフレーズをするのではなく
少しの減点があったとしても、パラフレーズを行わず、出来る限りミスを少なくし
25点プラスマイナスを獲得するという方法論になります。

またパラフレーズを行わない方法を取られる方は
同時にコピーアンドペースト機能をつかい
語数が多くなるケースが非常に多いです。
その場合、e-raterが高評価を与えるケースが多いと考えられています。
(e-raterとはコンピューターの自動採点プログラムになります)
※実際のライティング結果はExaminerとe-raterの採点によって決定します。

しかし、多くのExaminerはパラフレーズを行わないライティングを
ポジティブにとらえてはおりません。

以上を考えますと
パラフレーズをする、しない それぞれのポジティブな点、ネガティブな点があるため
必ずどちらが高スコアを獲得できると断言する事は非常に難しいです。
理想論としては、きちんとパラフレーズできるライティング能力をつける事が重要です。
弊社の様なサービスを利用する事により、正しいパラフレーズ能力を学ぶ事が
理想かと思われます。
しかし、スコアを獲得するという目的を達成する事のみを考えると
パラフレーズを行わないという決断も一理あります。

また後日パラフレーズについての詳しい記事を書きたいと思います。

TOEFL 単語力について

多くの方から
「TOEFLで105点を目指しているが、どのレベルの単語を覚えればよいのか」
というご質問をいただきます。

TOEFLには日本語で記載されたTOEFL専門の優秀な単語書籍がございますので
基本的にはそちらに記載されている単語はすべて暗記された方がよい
という回答をお客様にお送りしております。

日本人は一般的にスピーキングを苦手としております。
よって、リーディング、リスニング、ライティング
三つのセクションでスピーキングセクションを補う形が一般的です。

よって、出来る限りTOEFLの単語書籍に記載されている
単語は全て暗記された方がよいですね。

余裕があるという方は英検1級の単語にトライしても良いかと思います。

※TOEFL高得点は基本的にはTOEFLの単語書籍に記載されている単語を暗記すれば到達可能と言われております。
 英検1級の単語を暗記すればさらによいという事です。

一般的にはTOEFLよりも英検1級の単語の方が難易度は高めです。
しかし、TOEFLには必要とされない単語を覚える可能性もあるので
時間帯効果を求める方にはおすすめできません。

単語は全ての基礎となるので
意味だけではなく、品詞、アクセント、発音までしっかりと覚えましょう。

TOEFLリスニング対策 発音学習のススメ

こんにちは。
今日はTOEFLリスニングに関連して
発音学習について簡単にご説明させていただきます。

まずは質問です。
「英語の発音について書かれた書籍を一冊でも保有していますか?」

NOと答えられた方。
Amazonへお願いします。
※Amazon社のステルスマーケティングではございません。

日本人の生徒様は単語の書籍は必ずお持ちですが
発音専門の本となるとお持ちではない方が多いのではと感じております。
まずは一冊ご購入される事をおすすめします。
もちろんウェブサイトでも有益なサイトは多数ございますので
検索されてみるのもよいかと思います。

日本人の発音に関する事で最もNGな点は
「英語の音を日本語の音で考える」
という点になります。

TOEFLで高スコアを獲得したいという場合
この考え方は完全に捨て去った方がよいと思います。

一つの例ですが
Apple
こちらの単語 の A はどの様に発音しますか?
発音記号と、どの様に口を動かし発音するか同時に浮かんできますか?

NOと答えられた方。
Amazonにて発音の書籍のご購入をお願いします。
※再度となりますがAmazon社のステルスマーケティングではございません。

基本的な事ですが
英語の音を理解すると
リスニングを聞き取りやすくなる傾向がございます。
また、新しい単語を覚える際も
以前以上に発音を意識しながら覚える事になるので
スピーキング等に様々なポジティブな面が表れてきます。

一度発音について基礎からみなおしてみましょう。

IELTSリスニング対策 倍速再生のススメ 

IELTSリスニングのスコアに悩んでいる方は
そこまで多くはないのかなというのが
私達の実際の業務を通しての印象です。

しかし、ライティングやスピーキングを苦手とする
日本人が多い中、しっかりとリーディングとリスニングで
高バンドを獲得する事が全体としてのバンドの底上げにもなります。

ご存じの方も多いかとは思いますが
リスニング対策には倍速再生がおススメです。

通常のスピードを1.0倍とした場合
常に1.2倍の速度でリスニングにトライします。
そしてそれを継続的に一か月行います。

すると1.0倍の速度に戻したときには
とてもゆっくりとしたスピードと感じる様になります。
嘘だ!と思われる方もいらっしゃるかと思いますが
一週間でも試してみる価値は十分あると思います。

倍速再生にてリスニング対策を
効率的にすすめる事ができるというお話でした。

※リスニングにおいて重要な点は他にもございますので
 今後も少しづつご紹介します。

Synonyms

今回はsynonymsについてになります。

TOEFLにおいてパラフレーズが重要という事は
多くの方がご存じかと思います。

問題は
パラフレーズを心掛けてもパラフレーズする事ができない
という事です。

原因は簡単です。
読めても、書けないのであればその表現は
アウトプットが足りていません。
意味はわかるけど、いざ自分で表現してみようと思うと
なかなか表現が浮かんでこない。

これらを解決するには、とにかくアウトプットが必要です。
普段から使い慣れた同じ単語をつかうのではなく
弊社のライティングサービスを利用する場合は
間違ってもいいので新しい表現をどんどんつかってみましょう。
新しい表現は自分自身でライティングに組み込まない限り
なかなか使いこなすことは難しいです。

その為にも普段から単語レベルでのsynonymsを意識してはいかがでしょうか。

たとえば discuss(v)という単語のsynonymsは
argue
confer
debate
elaborate
examine
reason
hash over
explain
dispute

これらが該当します。

毎回discussをつかうのではなく
文章に合わせて色々な単語をつかってみましょう。

またverbだけではなくnounのsynonymsも使いこなせるとなおよいですね。

例えば discussion(noun)

あなたはこの単語のsynonyms、いくつ思い浮かびますか?
なかなかでてこない方は類語辞典で調べてみてくださいね。

Idea Mapについて

みなさんこんにちは。
毎日暑い日が続いていますが
きちんとTOEFLの学習を進めていますか?
暑いと勉強できないというのは、事実であっても言い訳だと認識し
自分の目標達成の為、必死に努力していきましょう。
※水分補給はしっかりと行ってくださいね。

さて、本日ですがライティングタスクのIdea Mapについてになります。
Independentのライティングの際に
いきなりライティングを開始する方はいらっしゃいますか?
もちろん、高得点を獲得できていれば問題はありません。

しかし、うまくライティングを書くことができない方もいらっしゃるかと思います。
その様な方はまず、Idea Mapを書いてみてはいかがでしょうか。

方法は簡単です。

まずは主題について考えます。
次にパラグラフ1のメインアイデアを簡単に記載します。
その後、パラグラフ1のsupporting detailsを2-3記載します。

これを最終パラグラフまで書き出すだけです。
とても簡単ですよね?
とても簡単なんです。

思わずフォントを大きくしてしまいましたが
本当に難しい事ではないです。
要点のみを短い英文で書き出す良い練習にもなります。
Idea Mapが完成したら、それを元にライティングを行ってみてください。
いきなり書き始めるよりもスラスラと書けるはずです。

しかし、これらの手法を用いる事によって劇的にスコアが伸びるという事はございません。
スコアを伸ばす為には是非とも私たちと一緒に高度な表現方法をみにつけてみてはいかがでしょうか。

比較と対比

みなさんこんにちは。
IELTSしっかりと学習していますか?
今日は比較と対比についての記事を書きたいと思います。

まず比較ですが、以下の表現が便利です。

almost the same as
to be parallel to
just as
like, alike
resemblance
similar to
in common with
correspond to
similarly
in the same way
resemble

次に対比ですが以下の表現が便利です。

in opposition to
less than
more than
slower than, etc
still
differ from
different from
even so
however
in contrast to

毎回同じ単語を使用しがちになってはいませんか?
色々な表現をアウトプットしながら
新しい表現を使いこなせるようになりましょう!

PCに向かって問題をとくことに慣れる

TOEFL学習中のみなさん
いつもどの様に学習していますか?

教科書ベースで勉強していますか?
それともPCベースでしょうか。

特にリーディングとライティングにいえるのですが
学習はできる限りPCで行いましょう。

特に一度もTOEFLを受験した事がない方は
PCに向かってリーディングを解答する
ライティングの文章をうつという練習は必須になります。
ちなみに弊社のTOEFLの生徒様は
必ずライティングをワードでご提出いただいております。

普段、リーディングは教科書の問題のみをやっていた
ライティングはいつもノートにハンドライティングで行っていた

これらの状態のままで実際の試験を受けた場合
結果は思った以上にでません。
リーディングにおいてはPCに向かってリーディングを解答するという行動は
どうしても慣れが必要です。

またライティングにおいても
ハンドライティングならスペルミスをしないような単語でも
PCで打ちこむ事によりスペルミスをしてしまう事が非常によくあります。
実際にTOEFL対策を申し込まれた方は
多くの方が何十回もWORDでライティングを提出する事になるので
その点は心配はないかと思います。

いつでもテストを受けている気持ちで
PCに向かって学習する事が近道だといえます。

もちろん教科書は教科書の良さがあるので
教科書の勉強も併用していくと良いと思います。